Blue Flower

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、Raspberry Pi3でXLX Multiprotocol Gatway Reflector serverを構築してみたいと思います。

 

 1.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorとは

    XLX Reflectorは、ルクセンブルクの LX1IQ Lucさんたちが開発 した 「XLX Multiprotocol Gatway Reflector」と言う

    Git Hubに登録されているオープンソースの無料ソフトウェ アを使って構築します。 詳細は下記HPを見て下さい。 

 

http://xrefl.boards.net/

 

 2.OSの準備

    OSは、下記URLからダウンロードします。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

    最新日付のイメージ(ZIPファイル)をダウンロードします。

    ダウンロードしたら、ZIPを解凍して、SDカードに焼きます。

    Win32DiskImager (フリーソフト) を使い、imageファイルをSDカードに

    焼きます。

    次に焼いたSDカードをRaspberry Pi3にセットして、HDMIモニターとUSBキーボード、USBマウスを付けて

    Raspberry Pi3を起動します。

    Login  (User: pi, Password: raspberry)は、これですが、GUIの場合、何もせずにデスクトップが使えます。

    GUIが起動したら、Prifarence => Raspberry Pi Configurationを開いて、SSHをEnableにします。

    ターミナルを起動して、パスワードを変えましょう。

# passwd root
# passwd pi

    古いパスワードと新しいパスワード、確認のパスワードを入れます。

    次にDHCPで払い出されたIPアドレスを確認します。(例:192.168.11.5)

# ip a

 

    次に払い出されているIPアドレスを固定化します。

    vi /etc/dhcpcd.confで編集します。

    最下行に下記を追記します。(IP:192.168.11.5、ルーター,DNSが192.168.11.1の場合)

interface eth0
static ip_address=192.168.11.5/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

    ここで再起動して、sshで接続できるか確認しておきます。(TeraTermなどのフリーソフトでもOk)

# shutdown -r now
再起動後sshで接続(ユーザpi)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 .5's password: The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software; the exact distribution terms for each program are described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright. Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by applicable law. Last login: Sun Oct 22 09:17:12 2017 pi@raspberrypi:~ $ sudo -s root@raspberrypi:/home/pi#

    上記コマンドで、rootになれれば、Okです。

 

 3.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorのインストール

    次にXLX Multiprotocol Gatway Reflector server(リフレクターサーバ)をインストールします。

# sudo apt-get install git git-core                       #git(ソース管理ツール)
# sudo apt-get install php5                                #php(言語)
# git clone https://github.com/LX3JL/xlxd.git #gitからclone(ソースダウンロード)
# cd xlxd/src/
# vi main.h 【編集前】 // --------------------------------------------------- #define NB_OF_MODULES 10 //#define NB_OF_MODULES NB_MODULES_MAX 【編集後】 // --------------------------------------------------- //#define NB_OF_MODULES 10 #define NB_OF_MODULES NB_MODULES_MAX ---------------------------------------------------------------- # sudo make clean # sudo make # sudo make install # cd

# sudo cp xlxd/scripts/xlxd /etc/init.d/ #再起動時の自動起動設定

    次にコンフィグレーションファイルを設定します。

# sudo vi /etc/init.d/xlxd
 ARGUMENTS=“XLX129 192.168.11.5” #--- (例) XLX129 

    仮運用時は、XLX129の所は下記HPで使われてないXLX番号を探し設定する。

    http://xrefl.net/ を見て、使用中XLX Reflectorと同じ番号にしない様、十分に注意して下さい。

    下記でダッシュボードファイルをコピーします。

# sudo rm /var/www/html/index.html #--- 使わないので削除
# sudo cp -r ~/xlxd/dashboard/* /var/www/html/

     それでは、/var/www/html/pgs/config.inc.phpファイルを編集します。(エディタは、viでもnanoでも)

$PageOptions['ContactEmail'] = '
 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 ';                                             // 【メールアドレスの設定】
$PageOptions['PageRefreshDelay'] = '30000'; // 【30 秒毎に自動更新】
$PageOptions['RepeatersPage']['IPModus'] = 'ShowLast2ByteOfIP'; // 【先頭 2Byte のみ表示】
$PageOptions['PeerPage']['IPModus'] = 'ShowLast2ByteOfIP'; $CallingHome['Active'] = true; // 【公開情報のアクティブ化】
$CallingHome['MyDashBoardURL'] ='http://guwgw.cir-ins.com/index.php'; //【ダッシュボードの URL 設定】
$CallingHome['Country'] = "Kanagawa Japan"; // 【都市・国名の設定】
$CallingHome['Comment'] = "JN1GUW Ayase-city Reflector"; // 【レフレクターのコメント設定】
$CallingHome['HashFile'] = "/callhome/callinghome.php"; //
【callhome フォルダの設定】

( 注意: 例 guwgw.cir-ins.com は 事前に DDNS等に登録しておく、因みに当局は、AWSのRoute53を使っている ) 

    下記でHashFile用フォルダーの作成をします。

# cd /
# mkdir callhome
# chmod 777 callhome #--- アクセス権の設定

 

     それでは、下記ポート解放します。

TCP port 80 (http) 、 
TCP port 443 (https) 、
TCP port 8080 (RepNet)、 TCP port 22 (ssh[任意]) 、
TCP port 10022、 (ssh optional) UDP port 10001 (json interface XLX Core)、
UDP port 10002 (XLX interlink)、 UDP port 30001 (DExtra protocol)、
UPD port 20001 (DPlus protocol)、 UDP port 30051 (DCS protocol)

    下記で vi /etc/systemd/system/xlxd.service(自動起動用スクリプト)ファイルの作成をします。(エディタは、好きなもので)

[Unit]
Description=XLX Reflector Daemon by LC1IQ
After=network.target

[Service]
Type=forking
ExecStart=/etc/init.d/xlxd start
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
KillMode=process
Restart=on-failure

[Install]
WantedBy=multi-user.target
# Alias=xlxd.service

    では、デーモン起動(サーバ起動)します。

# sudo systemctl start xlxd.service
# sudo systemctl enable xlxd.service

  

 4.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorの確認

    それでは、XLX Multiprotocol Gatway Reflector serverの簡易テストをしましょう。

    まず、ダッシュボードにアクセスします。下記ブラウザでアクセスします。(DDNS等に登録したドメイン[例:XLX129])

 http://guwgw.cir-ins.com/index.php

    ダッシュボードで、下記のようにバージョン表示のようになれば、Okです。

    バージョン表示が、出ない場合、ポート解放のTCPとUDPを間違えている

    可能性があります。

XLX129 v2.0.0 - Dashboard v2.3.7  /  Service uptime: 12 days 08:12:44

    次に、クライアントソフトBlueDV for windowsを使ってコネクトしてみます。

 windowsのC:\Users\[ユーザ名]\Documents\BlueDVフォルダにDExtra_Hostsファイル

    があるので、その一覧内に下記を追記します。(例:XRF129)

XRF129 192.168.11.5

    次に、serialスイッチを入れて、DSTARスイッチを入れます。

    構築したリフレクタに接続します。先ほど追加したXRF129(例)

    に接続します。DSTARのstatusがLinked to XRF129になれば

    正常です。送信して、ダッシュボードに履歴が残れば、Okです。 

    下記が、当局のXLX Multiprotocol Gatway Reflectorです。

XLXserver

5.XLX 番号の登録手順

    (1)XLX 番号の登録条件は、稼働している XLX が前提です。XLX 番号の管理者は、登録されたアドレ

    スにアクセスし、ダッシュボードが正常に動作していることを確認しています。XLX にアクセス

    できなかったり、正常に動作していない場合は登録されませんのでご注意ください。

    (2)XLX 番号の登録状況を下記のサイトで確認します。

        http://xrefl.net/

    (3)X Reflector Forum にログインします。アカウントが無い場合は登録します。

      ①X Reflector Forum のグループを選択します。

          <1> Directory Changes and Forum Questions

          <2> Request adding or changing an XRF in the Directory at http://xrefl.net

     ②X Reflector Forum に以下のメッセージを投稿します。

Please reply in this thread with any additions, deletions, or changes.

Requests to add an XRF should include:

1) Required: the URL to a working dashboard
2) Required: the address to be added to the host file
3) Required: the hosting or sponsoring station or organization
4) Required: the country
5) Optional: the organization website if it exists
6) Optional: any title or other description for the reflector
7) Optional: the city and/or region

        投稿にあたっては、投稿する内容に一定のルールがあります。登録済みとなった方の投稿

        を良く見て必要な情報を記載する必要があります。

    (4)概ね、週2回ぐらいの頻度で登録作業が行われ、X Reflector Forum に作業結果が記載されます。

 

6.BlueDV 用 Hosts ファイルへの登録手順

    (1)前項の XLX 番号登録が完了してから以下の手順を行ってください。登録が完了前に依頼をしても

      BlueDV 用 Hosts ファイルへの登録は行って貰えませんのでご注意ください。

    (2)BlueDV 用 Hosts を管理している「Mr. Steve」へメールで登録を依頼します。

      To: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

      件名: Please add your XRF host table.

    (3)以下のファイルに登録されます。「Mr. Steve」から数日中に応答があります。

 

      http://www.arrg.us/HF/DExtra_Hosts.txt

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 



CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る