Blue Flower

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、NoraVRを使ってRaspberry Pi 3B+でNoraVRRemoteClientを構築してみたいと思います。

    ※前提:NoraVR + AMBE Serverの同居環境があること

 

 1.NoraVRRemoteClientをダウンロードする

    NoraVRRemoteClientをダウンロードします。(下記) 

https://1drv.ms/u/s!Alt6WCVd8PgfoW3Bc9KyJ9RlEHTu

    その後、NoraVR(RaspberryPi 3B+)にsftpなり、WinSCPなりで転送します(想定転送先:/home/pi)

 

 2.NoraVRRemoteClientをインストールする

    次に転送したNoraVRRemoteClientをインストールします。

$ sudo -s
# cd /opt/
# unzip /home/pi/NoraVRRemoteClient_v0.0.1a.zip
# cd NoraVRRemoteClient
# chmod ugo+rx start.sh
# cd config
# cp -p NoraVRRemoteClient.xml.default NoraVRRemoteClient.xml

    ここで、NoraVRRemoteClient.xmlをviなりnanoなりで編集します(下記)。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<!--
        [serverAddress]
                NoraGateway(NoraVR)が動作しているデバイスのIPアドレスを指定する
        [serverPort]
                NoraGateway(NoraVR)が動作しているポートを指定する
        [loginCallsign]
                NoraGateway(NoraVR)へログインするユーザー名を指定する
                ※接続先NoraVRのレピータコールサインをloginCallsignに変換しますので、識別符号まで入力して下さい(JJ0TPX Fなど)
                 入力しなかった場合には、識別符号Aが使用されます
                ※RFが出力される際のノードコールサインとして使用されますので、RFが出力される場合には社団局などのコールサインを指定して下さい
        [loginPassword]
                NoraGateway(NoraVR)へログインするユーザーに設定されたパスワードを指定する
        [isRFNode]
                実際にRFが出力される構成であればtrue、出力されない構成であればfalseを指定する
        [statusFileOutputPath]
                ステータスファイルの出力先を指定する
                ※なんちゃってモニタを使用する場合には、「/tmp/」を指定して下さい
-->
<NoraVRRemoteClient
        serverAddress="192.168.11.3"     <!-- NoraVRのアドレス -->
        serverPort="52161"
        loginCallsign="JN1GUW D"         <!-- QRVするコールサイン -->
        loginPassword=""                         <!-- NoraVRのパスワード(ここでは、空パス) -->
        isRFNode="true"                          <!-- RF modeをtrue(デフォルト)にする -->
        statusFileOutputPath="/tmp/"       <!-- faileパスは、/tmpにする -->
        webRemoteControl="true"    <!-- trueにする -->
        webRemoteControlPort="3000">


<!--
        ***********************************
        * [1] モデム設定
        ***********************************
        ※各種モデムの中から「一つだけ」選択し、設定して下さい
-->


    NoraVRのコンフィグも/opt/NoraGateway/config/NoraGateway.xmlも編集します。

○Opus(24k VBR)コーデックを使用するか(音質:中/通信帯域専有:小)
<NoraVRUseCodecOpus24k>true</NoraVRUseCodecOpus24k>

○Opus(8k VBR)コーデックを使用するか(音質:悪/通信帯域専有:最小)
<NoraVRUseCodecOpus8k>true</NoraVRUseCodecOpus8k>

○個別ログインユーザー設定(いくつでも指定可)
    ※このリストに存在しないユーザーのログイン認証は、<NoraVRLoginPassword>が使用されます
<LoginUser loginCallsign="" loginPassword="passw0rd"  allowRFNode="true" />

※DVStickなどのAMBE3000デバイスが必要です
***************************************
-->

                <Repeater
                        enable="true" type="Internal" callsign="JN1GUW D"
                        defaultRoutingService="JapanTrust" routingServiceFixed="false"
                        allowDIRECT="false"
                        autoDisconnectFromReflectorOnTxToG2Route="true"
                >
                        <Modem type="NoraVR" allowDIRECT="false">
                                <ConfigurationProperties>
                                        <DV3KInterfaceType>Network</DV3KInterfaceType>
                                        <DV3KServerAddress>127.0.0.1</DV3KServerAddress>
                                        <DV3KServerPort>2460</DV3KServerPort>
                                        <NoraVRPort>52161</NoraVRPort>
                                        <NoraVRClientConnectionLimit>100</NoraVRClientConnectionLimit>

                                        <NoraVRLoginPassword></NoraVRLoginPassword>
                                        <NoraVRAllowRFNode>true</NoraVRAllowRFNode>            <---- RF Node を trueにします。

                                        <NoraVRUseCodecAMBE>true</NoraVRUseCodecAMBE>
                                        <NoraVRUseCodecPCM>true</NoraVRUseCodecPCM>
                                        <NoraVRUseCodecOpus64k>true</NoraVRUseCodecOpus64k>
                                        <NoraVRUseCodecOpus24k>true</NoraVRUseCodecOpus24k>
                                        <NoraVRUseCodecOpus8k>true</NoraVRUseCodecOpus8k>

                                        <LoginUserList>
                                                <LoginUser loginCallsign="" loginPassword="passw0rd"  allowRFNode="true" />
                                        </LoginUserList>

                                </ConfigurationProperties>
                        </Modem>
                </Repeater>

 

    次にnginx(sudo apt install nginx)をインストールします

    ここで、私は、apt --fix-broken installをしないとインストール出来ませんでした。

# sudo apt install nginx(エラー)
#
apt --fix-broken install
# sudo apt install nginx
# service nginx restart

    次に/etc/nginx/sites-available/defaultを編集します(下記)

# Default server configuration
#
upstream websocket {
    server localhost:3000;
}

map $http_upgrade $connection_upgrade {
    default upgrade;
    ''      close;
}

server { listen 8080 default_server; listen [::]:8080 default_server; # SSL configuration # # listen 443 ssl default_server; # listen [::]:443 ssl default_server; # # Note: You should disable gzip for SSL traffic. # See: https://bugs.debian.org/773332 # # Read up on ssl_ciphers to ensure a secure configuration. # See: https://bugs.debian.org/765782 # # Self signed certs generated by the ssl-cert package # Don't use them in a production server! # # include snippets/snakeoil.conf; #root /var/www/html; root /opt/NoraVRRemoteClient/dashboard/; # Add index.php to the list if you are using PHP #index index.html index.htm index.nginx-debian.html; index index.html index.htm index.nginx-debian.html; server_name _; location / { # First attempt to serve request as file, then # as directory, then fall back to displaying a 404. try_files $uri $uri/ =404; } location /socket.io/ { proxy_pass http://websocket; proxy_http_version 1.1; proxy_set_header Upgrade $http_upgrade; proxy_set_header Connection $connection_upgrade; } # pass PHP scripts to FastCGI server
# #location ~ \.php$ { # include snippets/fastcgi-php.conf; # # # With php-fpm (or other unix sockets): # fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock; # # With php-cgi (or other tcp sockets): # fastcgi_pass 127.0.0.1:9000; #} # deny access to .htaccess files, if Apache's document root # concurs with nginx's one # #location ~ /\.ht { # deny all; #} }

    /opt/NoraVRRemoteClient/dashboard/js/config.jsを編集します。


const serverAddress = "guwgw.cir-ins.com:8080";   <---- ここはアクセスするブラウザから見たアドレスを入力する


const dashboardName = "via NoraVRRemoteClient";


    /opt/NoraVRRemoteClient/config/NoraVRRemoteClient.xmlを再び編集します。

<!--
        ***********************************
        * [1] モデム設定
        ***********************************
        ※各種モデムの中から「一つだけ」選択し、設定して下さい
-->

<!--
        [1].1 アクセスポイント・ターミナルモードインターフェースモデム


        [PortName]
                無線機が接続されているポート名を指定する
                ※Windowsの場合 = COM3など
                ※Linuxの場合 = /dev/ttyUSB0など
-->

        <Modem type="NewAccessPoint" allowDIRECT="true">
                <ConfigurationProperties>
                        <PortName>/dev/ttyUSB1</PortName>
                </ConfigurationProperties>
        </Modem>

   

 3.D-Star無線機を用意する

    D-Star無線機を適切な周波数にして、アクセスポイントモードにします。

    アイコムケーブルで無線機とRaspberryPi 3B+を接続します。

    NoraVRRemoteClientを起動します。 

# cd /opt/NoraVRRemoteClient/
# ./start.sh

    クライアントPCなどからNoraVRRemoteClientダッシュボードにアクセスします。(ここでは、http://guwgw.cir-ins.com:8080)

    下記のような表示になれば、動作しています。

 

 

 

   4.おわりに

    今回は、ICOMケーブルを使ってNoraVRRemoteClientを使えるようにする方法を紹介しました。

    今回の構成は、ThumbDV + NoraVR + AMBE Server + NoraVRRemoteClientとなります。

    ThumbDVは、どこで買えばいい?って方は、「ThumbDV 購入」で検索ください。

    謝辞:NoraGatewayを提供しているJI1ROJ局感謝です。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

 

 

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、JumboSpotを使ってRaspberry Pi0wででNoraGatewayを構築してみたいと思います。

 

 1.Bootイメージを作成する

    Stretch Linux imageをダウンロードします。(下記) 

https://www.dropbox.com/s/w5w0ywjd1mxbbv0/JUMBONORA_201810281022up.img?dl=0

上記廃止です。下記リンクをお使いください。

https://www.dropbox.com/s/umvngy8f4hq9lb3/JUMBONORA_201811040759up2.img?dl=0
モバイル用は、下記ご使用ください。
https://www.dropbox.com/s/rz823iazd49mi5m/JUMBONORA_201811251522_JZ1ZZZ.zip?dl=0

    その後、Win32DiskImager (フリーソフト) を使い、imageファイルをSDカードに焼き付けます。

    わたしは、class10の16GBのSDカードを使いました。

 

 2.Stretch Linuxを起動する

    次に焼いたSDカードをWindowsでマウントし、マウント直下のNora_Config.exeをダブルクリックして実行します。

    無線LANアドレス、LANアドレス、SSID、passを設定します。次にSDカードをJumboSpotにセットして電源入れます。

    RealVNC Viewer等で無線LANアドレスにアクセスします。(このアドレに対してUDP40000番をポート開放します)

    Login  (User: pi, Password: raspberry)して、デスクトップが使えます。

    GUIが起動したら、ターミナルを起動して、コマンドが使えるようにします。

 

    次に下記コマンドを実行します

$ sudo -s
# cd /opt/NoraGateway/conf
# nano NoraGateway.xml

イメージ作り損ねました下記変更ください
# nano hosts.txt
変更前
--------
#XRF129 115.177.17.110 XRF129 192.168.11.5
--------
変更後
--------
XRF129 115.177.17.110
--------

    エディタが起動するので、JZ1ZZZを自分のコールサインに変更し保存します。

    下記コマンドで、再起動します。周波数は、デフォルト430.80MHzになってます。変更したい場合、変えときます。

# shutdown -r now

 

 3.D-Star無線機を用意する

    D-Star無線機で周波数を430.80MHz(デフォルト)にし、DVモードにします。

    カーチャンクすると反応がありますね?。

    デフォルトでは、XRF129Dに接続して、起動します。 

    デフォルトを変えたい場合、NoraGateway.xmlのAutoConect部分を変更して、再起動します

 

   4.おわりに

    今回は、ICOMケーブルなしにNoraGatewayを使えるようにする方法を紹介しました。

    ケーブルがいらないのでID51Plus2とかID31Plus等でなくても古いD-Star機で使えます。

    ケーブルなしにこの機能が使えるのは、ありがたい限りです。

    今回の構成は、JumboSpot + Raspberry Pi0w + NoraGatewayとなります。

    DStarRepeaterは、使ってません。

    なので、軽いかもしれませんね。

    JumboSpotは、どこで買えばいい?って方は、「JumboSpot 購入 完成品」で検索ください。

    謝辞:Nora_Config.exeを快く提供いただいたNW6UP局 NoragateWayを提供しているJI1ROJ局感謝です。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

 

 

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、ThumbDV™を使ってRaspberry Pi3でAMBEserverを構築してみたいと思います。

 

 1.Bootイメージを作成する

    Compass Linux imageをダウンロードします。(下記) 

http://archive.compasslinux.org/images/wilderness/

     最新日付をダウンロードし、zipを解凍します。

    今回は、lite版ではないものをダウンロードしました。

    その後、Win32DiskImager (フリーソフト) を使い、imageファイルをSDカードに焼き付けます。

    わたしは、class10の16GBのSDカードを使いました。

 

 2.Compass Linuxを起動する

    次に焼いたSDカードをRaspberry Pi3にセットして、HDMIモニターとUSBキーボード、マウスを付けて

    Raspberry Pi3を起動します。

    Login  (User: pi, Password: raspberry)は、これですが、GUIの場合、何もせずにデスクトップが使えます。

    GUIが起動したら、Prifarence => Raspberry Pi Configurationを開いて、SSHをEnableにします。

    ターミナルを起動して、パスワードを変えましょう。

# passwd

    古いパスワードと新しいパスワード、確認のパスワードを入れます。

    次にDHCPで払い出されたIPアドレスを確認します。(例:192.168.11.7)

# ip a

 

    次に払い出されているIPアドレスを固定化します。

    vi /etc/dhcpcd.confで編集します。

    最下行に下記を追記します。(IP:192.168.11.7、ルーター,DNSが192.168.11.1の場合)

 

interface eth0
static ip_address=192.168.11.3/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

    ここで、ThumbDV™をRaspberry Pi3のUSB端子にさします。

# ls /dev/ttyU*

    上記コマンドで、/dev/ttyUSB0が表示されれば、Okです。

 

 3.AMBEserverをインストールする

    次にAMBEserver(リフレクターサーバ)をインストールします。

# sudo apt-get update -y
# sudo apt-get upgrade -y
# sudo apt-get install ambeserver -y
# sudo systemctl enable ambeserver@ttyUSB0.service

    次にコンフィグレーションファイルを設定します。

# cd /etc/opendv
# cp ambeserver-ttyUSB0.conf ambeserver-ttyUSB1.conf
# vi /etc/opendv/ambeserver-ttyUSB0.conf

    /etc/opendv/ambeserver-ttyUSB0.confファイルは、以下のように設定します。

#
# Configuration file for the AMBEserver program started by systemd.
# Adding flags to AMBESERVER_FLAGS will pass this to the daemon.
# For example, to change the speed to 460800, use the following line:
# AMBESERVER_FLAGS="-s 460800"
#

UDP_PORT=2460
AMBESERVER_FLAGS="-s 460800"

 

    それでは、AMBEserverを起動します。

# sudo systemctl start ambeserver@ttyUSB0.service

 

 4.AMBEserverの確認

    それでは、AMBEserverの簡易テストをしましょう。

    /etc/opendv/ambesocketest.pyファイルを下記内容で、作成します。

import socket   #for sockets
import sys  #for exit

# create dgram udp socket
try:
    s = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM)
except socket.error:
    print 'Failed to create socket'
    sys.exit()

# host = 'localhost';
host = '127.0.0.1';
port = 2460;

while(1) :
    getProdId = bytearray.fromhex("61 00 01 00 30")

    try :
        #Set the whole string
        s.sendto(getProdId, (host, port))

        # receive data from client (data, addr)
        d = s.recvfrom(1024)
        reply = d[0]
        addr = d[1]

        print 'Server reply : ' + reply

    except socket.error, msg:
        print 'Error Code : ' + str(msg[0]) + ' Message ' + msg[1]
        sys.exit()

 

    下記手順で、実行結果のようになれば、Okです。

root@compass:/home/pi# cd /etc/opendv/
root@compass:/etc/opendv# python ambesocketest.py
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
Server reply : a
                0AMBE3000R
^CTraceback (most recent call last):
  File "ambesocketest.py", line 23, in <module>
    d = s.recvfrom(1024)
KeyboardInterrupt

    確認が取れたら、Raspberry Pi3のUDPポート2460番を外部に公開します。

 

   5.クライアントソフトについて

    外部公開したルーターのグローバルアドレスに対してUDP2460番を使用すれば、外部からアクセスできます。

    クライアントソフトは、わたしは、BlueDV for WindowsとBlueDV AMBE for androidを使用してます。

    特にandroid版ですと出先で、スマホだけでQRVできます。

    注意点としては、AMBEserverは、1つのクライアントしか許容できないことです。

    2つ以上同時に接続するとキョロキョロになって使い物になりません。

    その点だけ気をつければ、あとは、動作は安定してます。

    下記が、当局のAMBEserverです。

AMBEserver

 以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 


CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

 

 

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、Raspberry Pi3でXLX Multiprotocol Gatway Reflector serverを構築してみたいと思います。

 

 1.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorとは

    XLX Reflectorは、ルクセンブルクの LX1IQ Lucさんたちが開発 した 「XLX Multiprotocol Gatway Reflector」と言う

    Git Hubに登録されているオープンソースの無料ソフトウェ アを使って構築します。 詳細は下記HPを見て下さい。 

 

http://xrefl.boards.net/

 

 2.OSの準備

    OSは、下記URLからダウンロードします。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian/images/

    最新日付のイメージ(ZIPファイル)をダウンロードします。

    ダウンロードしたら、ZIPを解凍して、SDカードに焼きます。

    Win32DiskImager (フリーソフト) を使い、imageファイルをSDカードに

    焼きます。

    次に焼いたSDカードをRaspberry Pi3にセットして、HDMIモニターとUSBキーボード、USBマウスを付けて

    Raspberry Pi3を起動します。

    Login  (User: pi, Password: raspberry)は、これですが、GUIの場合、何もせずにデスクトップが使えます。

    GUIが起動したら、Prifarence => Raspberry Pi Configurationを開いて、SSHをEnableにします。

    ターミナルを起動して、パスワードを変えましょう。

# passwd root
# passwd pi

    古いパスワードと新しいパスワード、確認のパスワードを入れます。

    次にDHCPで払い出されたIPアドレスを確認します。(例:192.168.11.5)

# ip a

 

    次に払い出されているIPアドレスを固定化します。

    vi /etc/dhcpcd.confで編集します。

    最下行に下記を追記します。(IP:192.168.11.5、ルーター,DNSが192.168.11.1の場合)

interface eth0
static ip_address=192.168.11.5/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

    ここで再起動して、sshで接続できるか確認しておきます。(TeraTermなどのフリーソフトでもOk)

# shutdown -r now
再起動後sshで接続(ユーザpi)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 .5's password: The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software; the exact distribution terms for each program are described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright. Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by applicable law. Last login: Sun Oct 22 09:17:12 2017 pi@raspberrypi:~ $ sudo -s root@raspberrypi:/home/pi#

    上記コマンドで、rootになれれば、Okです。

 

 3.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorのインストール

    次にXLX Multiprotocol Gatway Reflector server(リフレクターサーバ)をインストールします。

# sudo apt-get install git git-core                       #git(ソース管理ツール)
# sudo apt-get install php5                                #php(言語)
# git clone https://github.com/LX3JL/xlxd.git #gitからclone(ソースダウンロード)
# cd xlxd/src/
# vi main.h 【編集前】 // --------------------------------------------------- #define NB_OF_MODULES 10 //#define NB_OF_MODULES NB_MODULES_MAX 【編集後】 // --------------------------------------------------- //#define NB_OF_MODULES 10 #define NB_OF_MODULES NB_MODULES_MAX ---------------------------------------------------------------- # sudo make clean # sudo make # sudo make install # cd

# sudo cp xlxd/scripts/xlxd /etc/init.d/ #再起動時の自動起動設定

    次にコンフィグレーションファイルを設定します。

# sudo vi /etc/init.d/xlxd
 ARGUMENTS=“XLX129 192.168.11.5” #--- (例) XLX129 

    仮運用時は、XLX129の所は下記HPで使われてないXLX番号を探し設定する。

    http://xrefl.net/ を見て、使用中XLX Reflectorと同じ番号にしない様、十分に注意して下さい。

    下記でダッシュボードファイルをコピーします。

# sudo rm /var/www/html/index.html #--- 使わないので削除
# sudo cp -r ~/xlxd/dashboard/* /var/www/html/

     それでは、/var/www/html/pgs/config.inc.phpファイルを編集します。(エディタは、viでもnanoでも)

$PageOptions['ContactEmail'] = '
 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 ';                                             // 【メールアドレスの設定】
$PageOptions['PageRefreshDelay'] = '30000'; // 【30 秒毎に自動更新】
$PageOptions['RepeatersPage']['IPModus'] = 'ShowLast2ByteOfIP'; // 【先頭 2Byte のみ表示】
$PageOptions['PeerPage']['IPModus'] = 'ShowLast2ByteOfIP'; $CallingHome['Active'] = true; // 【公開情報のアクティブ化】
$CallingHome['MyDashBoardURL'] ='http://guwgw.cir-ins.com/index.php'; //【ダッシュボードの URL 設定】
$CallingHome['Country'] = "Kanagawa Japan"; // 【都市・国名の設定】
$CallingHome['Comment'] = "JN1GUW Ayase-city Reflector"; // 【レフレクターのコメント設定】
$CallingHome['HashFile'] = "/callhome/callinghome.php"; //
【callhome フォルダの設定】

( 注意: 例 guwgw.cir-ins.com は 事前に DDNS等に登録しておく、因みに当局は、AWSのRoute53を使っている ) 

    下記でHashFile用フォルダーの作成をします。

# cd /
# mkdir callhome
# chmod 777 callhome #--- アクセス権の設定

 

     それでは、下記ポート解放します。

TCP port 80 (http) 、 
TCP port 443 (https) 、
TCP port 8080 (RepNet)、 TCP port 22 (ssh[任意]) 、
TCP port 10022、 (ssh optional) UDP port 10001 (json interface XLX Core)、
UDP port 10002 (XLX interlink)、 UDP port 30001 (DExtra protocol)、
UPD port 20001 (DPlus protocol)、 UDP port 30051 (DCS protocol)

    下記で vi /etc/systemd/system/xlxd.service(自動起動用スクリプト)ファイルの作成をします。(エディタは、好きなもので)

[Unit]
Description=XLX Reflector Daemon by LC1IQ
After=network.target

[Service]
Type=forking
ExecStart=/etc/init.d/xlxd start
ExecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
KillMode=process
Restart=on-failure

[Install]
WantedBy=multi-user.target
# Alias=xlxd.service

    では、デーモン起動(サーバ起動)します。

# sudo systemctl start xlxd.service
# sudo systemctl enable xlxd.service

  

 4.XLX Multiprotocol Gatway Reflectorの確認

    それでは、XLX Multiprotocol Gatway Reflector serverの簡易テストをしましょう。

    まず、ダッシュボードにアクセスします。下記ブラウザでアクセスします。(DDNS等に登録したドメイン[例:XLX129])

 http://guwgw.cir-ins.com/index.php

    ダッシュボードで、下記のようにバージョン表示のようになれば、Okです。

    バージョン表示が、出ない場合、ポート解放のTCPとUDPを間違えている

    可能性があります。

XLX129 v2.0.0 - Dashboard v2.3.7  /  Service uptime: 12 days 08:12:44

    次に、クライアントソフトBlueDV for windowsを使ってコネクトしてみます。

 windowsのC:\Users\[ユーザ名]\Documents\BlueDVフォルダにDExtra_Hostsファイル

    があるので、その一覧内に下記を追記します。(例:XRF129)

XRF129 192.168.11.5

    次に、serialスイッチを入れて、DSTARスイッチを入れます。

    構築したリフレクタに接続します。先ほど追加したXRF129(例)

    に接続します。DSTARのstatusがLinked to XRF129になれば

    正常です。送信して、ダッシュボードに履歴が残れば、Okです。 

    下記が、当局のXLX Multiprotocol Gatway Reflectorです。

XLXserver

5.XLX 番号の登録手順

    (1)XLX 番号の登録条件は、稼働している XLX が前提です。XLX 番号の管理者は、登録されたアドレ

    スにアクセスし、ダッシュボードが正常に動作していることを確認しています。XLX にアクセス

    できなかったり、正常に動作していない場合は登録されませんのでご注意ください。

    (2)XLX 番号の登録状況を下記のサイトで確認します。

        http://xrefl.net/

    (3)X Reflector Forum にログインします。アカウントが無い場合は登録します。

      ①X Reflector Forum のグループを選択します。

          <1> Directory Changes and Forum Questions

          <2> Request adding or changing an XRF in the Directory at http://xrefl.net

     ②X Reflector Forum に以下のメッセージを投稿します。

Please reply in this thread with any additions, deletions, or changes.

Requests to add an XRF should include:

1) Required: the URL to a working dashboard
2) Required: the address to be added to the host file
3) Required: the hosting or sponsoring station or organization
4) Required: the country
5) Optional: the organization website if it exists
6) Optional: any title or other description for the reflector
7) Optional: the city and/or region

        投稿にあたっては、投稿する内容に一定のルールがあります。登録済みとなった方の投稿

        を良く見て必要な情報を記載する必要があります。

    (4)概ね、週2回ぐらいの頻度で登録作業が行われ、X Reflector Forum に作業結果が記載されます。

 

6.BlueDV 用 Hosts ファイルへの登録手順

    (1)前項の XLX 番号登録が完了してから以下の手順を行ってください。登録が完了前に依頼をしても

      BlueDV 用 Hosts ファイルへの登録は行って貰えませんのでご注意ください。

    (2)BlueDV 用 Hosts を管理している「Mr. Steve」へメールで登録を依頼します。

      To: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

      件名: Please add your XRF host table.

    (3)以下のファイルに登録されます。「Mr. Steve」から数日中に応答があります。

 

      http://www.arrg.us/HF/DExtra_Hosts.txt

 

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 



CloudManagerAdvance 2.2 以上
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

 

 

    こんにちは、@opt_HohenheimことJN1GUWです。

    きょうは、thumbDVを使ってReflectorにQRVしてみたいと思います。

 

 1.まずthumbDVを購入する

 ThumbDV

 

    http://nwdigitalradio.com/category/thumbDV/ こちらで購入します。

    わたしが購入した時は、約120ドルでした。二週間くらいで上述写真の封筒で到着します。

 

 2.Windows10でThmbDVを使う

     次にThumbDV(ドングル)を使うためにBlueDV for Windowsをインストールします

    今回は、下記サイトからダウンロードしました。

    http://software.pa7lim.nl/BlueDV/BETA/

    zipファイルを解凍してダブルクリックでデフォルトインストールします。

    途中で、ドライバのインストールが促されると思いますが、インストールします。

 

 3.BlueDV for Windowsを使う

 

    2.でインストールしたBlueDV for windowsは、インストールがうまくいってれば

    デスクトップにアイコンが出来てるはずです。

    それをダブルクリックします。すると下記画面が現れると思います。

 BlueDV1

    firmwareが、「AMBE3000R」になることを確認します。これが確認できない場合、

    ThumbDVが認識されていないので、ご注意ください。

    確認できたらSERIALのスイッチをOFFにして、MenuからSetUpを選択します。(下図)

 BlueDV2

    上図は、私の設定です、参考にしてコールサインや、DMR IDを自分のものにしてSaveします。

 

 4.ReflectorにQRV

    それでは、送信してみましょう。

    まず、SERIALスイッチを入れます。その次にDSTARスイッチを入れます。

    するとSetUpで設定したデフォルトのXRF071CのReflector(仮想レピーター)に接続されます。

    画面右下のレベルメーターの下にあるAMBE3000のスイッチを入れると送信になります。(下図)

 BlueDV3

    無事送信できましたね?

    ちなみにCモジュール、Dモジュールは、国内用、Eモジュールは、エコーテスト用です。

 

 5.おわりに

 

    Refrectorには、ダッシュボードと言われるそのリフレクターがどこにインターリンクしているかや

    QRVしている局情報などを表示できるページがあります。

    ThumbDVでは、DVとDMRが出来ます。下記サイトからダッシュボードにたどれます。

 

    C4FMのFUSIONリフレクタは、ThumbDVでは、QRV出来ません。

    QRVするには、DVMEGAなどの他の装置が必要ですが、

    ThumbDVでも不便を感じたことがありません。

    ちなみにリフレクタサーバを筆者は、運用してます。

    XRF129になります。使用するリフレクタに困ったらこちらご利用ください。